老けたくないなら紫外線カット!光老化に注意!

紫外線の豆知識

年齢を重ねるごとに、肌の水分量はどんどん減り、乾燥してカサついている印象になってきますね。

これが、老化!!

誰にでも起こることで、100%止めることはできません。

しかし、紫外線対策をきちんと行うことで、遅くすることは可能です。

肌老化の原因を大きく占めるのは「紫外線」

肌老化の原因の80%以上は「紫外線」だという研究結果も出ています。

長時間肌が紫外線を浴びると、日焼けによるシミを発生させますよね。

それだけでなく、肌の弾力低下やキメの乱れも引き起こします。

「UV-A」と「UV-B」どちらも老化の原因に

私たちの肌に影響を及ぼすのは「UV-A」と「UV-B」。

しわや肌のたるみを引き起こすのは、波長の長い「UV-A」。

「UV-A」は雲や窓ガラスも通過するため、家の中でも安心はできません。

波長が短い「UV-B」は浴びすぎると赤く炎症を起こし、シミや色素沈着の原因となります。

すぐに影響が表れるわけではない

紫外線は浴びた後はメラニン色素が生成されてしまうので、肌の色が濃くなります。

日焼け後に適切なケアを行えば、時間はかかっても肌色は元に戻ります。

しかし、浴び続けた紫外線が原因によるシミやしわなどは、数年経過してから肌に影響を与えます。

しっかり若い頃から紫外線対策していないと、40代以上でまったく肌質が変わってきます。

一年中、日焼け止めを使おう!

紫外線による影響は、年齢とともに肌表面に現れていきます。

紫外線による老化を防止するためには、保湿ケアと同時にUVケアも大切。

帽子や日傘、サングラスなどで日射しをブロックするのもおすすめですが、反射した紫外線から肌を守るには日焼け止めが一番!

紫外線は冬でも雨の日でも降り注いでいるので、毎日しっかりと日焼け止めを塗り紫外線対策を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました