【レビュー】ビーグレンのシミ対策トライアル「ホワイトケア」口コミ!

美白化粧品

ビーグレンってよく聞くけど、なんで売れてるの?

ハイドロキノンはヒリヒリしない?

「Cセラム」「QuSomeホワイト2.0」どっちがおすすめ?

白子
白子

私が使ったときは「QuSomeホワイト1.9」でしたが、「QuSomeホワイト2.0」にパワーアップリニューアルされました!

という疑問から、実際に私がビーグレンのトライアルセットを試してみました。

実は結婚前にビーグレンを使っていたんですが、子供が生まれてからは安くないのでリピートしていませんでした。

当時はハイドロキノンクリームを使ったことがなかったので、懐かしくもあり新鮮な気分も♪

好きだったクレイウォッシュとCセラムも入ってるし、ちょっとテンション上がってます。

このホワイトケアトライアルセットは、シミ対策のための美容液が2種類入っているのが特徴。

両方使ってみて、「Cセラム」より「QuSomeホワイト2.0」を推す!という結論に達しました。

使用感などをレビューするので、本気で美白を考えている人は参考にしてくださいね♪

今までのケアと違いを実感95%!

QuSomeレチノAトライアルサイズが付いてくる♪

⇒ お試しはこちら ビーグレンのシミ対策トライアル

ビーグレンのシミケアなら「QuSomeホワイト2.0」を選ぶ!

ビーグレンの「QuSomeホワイト2.0」は、ハイドロキノン配合量が過去最高の2.0%にアップした夜用美容液。

高濃度すぎない2%という配合量は、ハイドロキノン初心者にもおすすめ!

ハイドロキノンは、やっぱり期待が膨らむよね♪

気になる一点にも、顔全体にも。
濁りのないすこやかな肌を目指します。

ビーグレン公式

濁り・・・濁っている気がする私。

白子
白子

40代だと肌も濁ってくるのか!?

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」口コミレビュー トライアル使ってみた

ビーグレンホワイトケアトライアル画像

洗顔・化粧水・美容液2種・クリームのセットで7日分です♪

ビーグレンクレイウォッシュの画像

私が大好きなクレイウォッシュ!!

天然クレイのモンモリロナイト配合で、洗い落とすというより汚れを吸着させて流すタイプの洗顔。

泡立たないタイプの洗顔料なので、実はけっこう面倒くさい泡立て作業が不要!

うるおいもちゃんと残してくれるので、40代の濁り肌にはぴったりの洗顔料。

ビーグレンQuSomeローションの画像

ローションはサラサラ系。

浸透力を誇るビーグレンだけあって、肌にグングン入っていくのがわかります。

保湿力も高くて、使っていて気持ちのいい化粧水

ビーグレン「Cセラム」の画像

私が昔愛用していた「Cセラム」。

独特のテクスチャーで、なんというかネチっとしているんですよね。

そして、懐かしさの鉄分臭さ(笑)

肌にのせると、じわ~と暖かくなるところも懐かしい!

昔、背中ニキビができやすいのが悩みだったんですが、結婚式に背中の開いたドレスを着たくて、式1か月前ぐらいから贅沢にCセラムを塗っていたことがありました。

ビタミンC系は皮脂分泌も抑制してくれるしね!

おかげさまで、ニキビ跡を気にせずに結婚式本番に挑めました。

ビーグレン「Cセラム」以前の容器
以前の「Cセラム」写真を発見!

その頃はこんな容器でしたが、今はチューブタイプになってるんですね~。

ビーグレンQuSomeホワイト1.9の画像

「QuSomeホワイト1.9」は、美容液の立ち位置ですがクリームのようなテクスチャー。

なめらかにのびるし無臭なので、すごく使いやすい!!

ハイドロキノン配合で夜だけ使用だから、コスパも考えてやっぱりこれを選ぶ。

QuSomeモイスチャーリッチクリームの画像

しっとりと肌を保湿してくれる「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」は、年齢肌にハリを与えてくれるクリーム。

ただね・・・。

なぜか甘い香りがするのよ・・・。

そして、私はこの香りが苦手なのよ・・・。

試しに腕に塗って1時間後・・・まだ香る。

2時間後・・・まだうっすら香る。

少量でよく伸びてしっとりするから肌感触などは好みだけど、どうにも香りがダメ!

ただ、ビーグレンは無香料だから、これは原料臭ということ。

なにかな?ハイビスカス花発酵液あたりかな?

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」で感じたデメリット2点

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」のトライアルセットをお試ししてみて、デメリットだと思ったのは2点。

  1. 原料臭がする(メリットでもある)
  2. 値段が少し高い

ただ、人それぞれなので100%デメリットとは言えないかも!?

白子
白子

参考程度にチェックしてくださいね。

デメリット1. 原料臭がする(メリットでもある)

無香料が好きです(笑)

だから無香料のビーグレンは好きなのですが、原料臭がします。

例えば「Cセラム」は鉄臭かったり、「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」は甘い香りがしたりと・・・。

香料が使われている化粧品はすべて“良い香り”ですが、原料臭だと好き・嫌いが分かれます。

使うのが苦になるほどかどうかは、個人差が大きい。

白子
白子

私の場合、鉄臭さはOKですが甘い香りはNGでした。

デメリット2. 値段が少し高い

ビーグレンって、値段がすごく高いわけではないのですが、主婦にとっては高い部類。

でも、アンプルールと比べると、少し値段が高いぐらいになりますかね?

例えば、「Cセラム」は15mLで5,170円 (税込)。

「QuSomeホワイト2.0」は、15gで6,600円 (税込)です。

少なく感じますが、どちらも1か月は使える量です。

これをきちんと1か月もたすには、使用量をきっちり守ること!

白子
白子

ビーグレンは「春・夏・秋・冬」それぞれにセールを開催するので、そのときにまとめ買いする人も多い♪

そして、かなりお得なサブスク制度あり!

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」を買うべき理由4つ(メリット)

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」のメリットや、買うべき理由はこれ!

  1. 365日の返金保証
  2. 保湿力が高い
  3. 無香料(デメリットでもある)
  4. サブスク制度がある

買うべき理由1. 365日の返金保証

お肌に合わない場合は365日返金保証!

ハイドロキノンは刺激があるので、医師の処方がないと使えない成分だったんですよね。

ビーグレンの「QuSomeホワイト2.0」はハイドロキノン2%配合。

配合量は多くはないですが、とくに敏感肌だと刺激を感じる可能性はゼロではない!

私は過去に純粋ハイドロキノンクリームに刺激を感じたことがあるので、1年間の返金保証ってすごく魅力♪

白子
白子

結果、「QuSomeホワイト1.9」は普通に使えました。

買うべき理由2. 保湿力が高い

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」は思った以上に保湿力が高い!

「Cセラム」はピュアビタミンCだし、「QuSomeホワイト1.9」はハイドロキノン入ってるし・・。

イメージとしてはもう少し乾燥を感じるのかと思ったんですが、意外と保湿力あり。

落としすぎない洗顔料、保湿力×浸透力の「QuSomeローション」で最初にうるおいの土台を作り、最後のリッチクリームでしっかりフタ!

白子
白子

ベタベタする保湿ではないところも◎

買うべき理由3. 無香料(デメリットでもある)

原料臭はするものの、無香料は好き!

ビーグレンの化粧品は基本無香料なので、無香料好きの私としてはおすすめポイントのひとつ。

ただデメリットのところでも書きましたが、原料臭があります。

その原料臭が大丈夫かどうかは、個人的な好みの問題。

白子
白子

私はリッチクリームだけ苦手でしたが、口コミ見ると「甘い香りが好き」という声もあります。

買うべき理由4. サブスク制度がある

3個以上使ってみたいならIBIMスキンケアサービス(サブスク)がお得♪

ビーグレンの商品を1個や2個だけ使いたいなら、定期便やセール時のまとめ買いを選びますが、3個以上なら断然IBIMスキンケアサービスが安い!

3個コースだと7,400円ですよ!?

「QuSomeホワイト2.0」なんか1つで6,600円なのに!!

全製品から選び放題。

しかも人気のクレイウォッシュやCセラムなどは、IBIMスキンケアサービス限定の増量サイズで届くんです!

値段が高めの美容液を2つ試したいなら、もうひとつ選んでサブスクの方がお得ですね。

白子
白子

しかも、IBIMスキンケアサービスだけの限定特典もあり!

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」をおすすめしない人

このタイプの人には、ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」をおすすめしません。

  • 化粧品に良い香りを求める人
  • プチプラ化粧品で済ませたい人

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」は無香料なので、華やかな香りやうっとりするような花の香りを求める人には不向きです。

無香料はOKだけど原料臭も好きではない人は、とりあえずトライアルで要確認!

ドラッグストアのプチプラ化粧品しか買う気がない人には、まったくおすすめしません。

逆に、けっこういい化粧品がサブスクて使える!と思った人にはおすすめです。

何を使うか選ぶのって、ワクワクして楽しいですよね♪

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」がおすすめな人

  • 敏感肌だけどハイドロキノンを使ってみたい人
  • ビタミンCも気になる人
  • 絶対損はしたくない人

ビーグレンのトライアルセットには、ピュアビタミンCを使った「Cセラム」と、ハイドロキン配合の「QuSomeホワイト2.0」が入っています。

2種類の美容液が同時に試せるので、自分の肌にしっくりくるものを選択できます。

しかも365日の返金保証が付いているので、肌に合わなかった場合も損はしません。

現品購入するときも定期便やサブスク制度など、自分が使いたいアイテム数によって一番安いパターンを選べます。

白子
白子

少しでも安く・お得と考えているけど、スキンケアには手を抜きたくない主婦の味方。

ビーグレンとアンプルール どっちが正解?

美白化粧品のなかでも、ハイドロキノン配合で比較されることの多いアンプルールとビーグレン。

アンプルールには光や熱に強く刺激の少ない「新安定型ハイドロキノン」が使われているので、純粋ハイドロキノンに不安のある人におすすめ。

もちろん、100%安全とは言い切れないので、トライアルセットでパッチテストは必須!

ビーグレンはビタミンCとハイドロキノンのダブル美容液。

両方使ってみたい人、試してからどちらか決めたい人にはビーグレンがおすすめ。

両方使ってみた感想として、

顔全体の美白ケアなら → ビーグレン「QuSomeホワイト2.0」

1点集中なら → アンプルール「コンセントレートHQ110」

と思いました。

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」の口コミ・評判

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」のトライアル購入方法

ビーグレンを取り扱っている店舗はありますが、トライアルセットを扱っているかわからなかったので公式サイトで注文。

b.glenトライアルセット販売ページの「今すぐ試してみる!」ボタンをクリック!

まず、会員登録です。

規約に同意して、お客様情報の入力へ。

LINEアカウントを使って新規登録も可能!

お客様情報は以下です。

すべて入力後、確認ページで確認したら登録しましょう。

その後、トライアルセットを注文し、支払方法などを選んでください。

支払方法はクレジットカード・代金引換・後払い(「コンビニエンスストア」「郵便局(ゆうちょ銀行)」「銀行」「LINE Pay」からお支払いができる決済サービス)です。

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」の口コミレビューまとめ

ビーグレントライアルセット

ビーグレンのシミ対策「ホワイトケア」トライアルセットを実際に使ってみたレビューをまとめると、

買うべき理由や良かった点

  • 365日の返金保証
  • 現在3種類の美容液が試せる!
  • 無香料(デメリットでもある)
  • かなりお得なサブスク制度がある

デメリット

  • 原料臭がする(メリットでもある)
  • 値段が少し高い

シミ対策は、とにかく気長に続けることが大事!

そのためには、使いやすさや続けやすい価格設定というのも重要です。

ビーグレンの化粧品は最新の浸透技術を使っているので、トライアルでも今までのスキンケアとの違いを実感できると評判です。

今のホワイトケアトライアルなら「 QuSomeレチノA 」も試せるので、トータルエイジングケアが叶いますよ!

美容液3種類をサブスクで利用すれば、金額的にもすごいお得ですね♪

今までのケアと違いを実感95%!

QuSomeレチノAトライアルサイズが付いてくる♪

⇒ お試しはこちら ビーグレンのシミ対策トライアル

タイトルとURLをコピーしました