コパトーンの口コミ|日焼け止め「すぐ黒くなる」を使ってみた!

コパトーン 日焼け止め ケミカル日焼け止め
コパトーン 日焼け止め
白子
白子

みずみずしいテクスチャーですね!

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」の特徴

  • 顔・からだ用
  • SPF50+ PA++++
  • 40g
  • 紫外線吸収剤
  • ウォータープルーフ
  • アレルギーテスト済み
  • パッチテスト済み
  • 専用クレンジング不要
  • 石けんや洗顔料・全身洗浄料などで落とせます

基本情報はこんな感じ。

無香料っぽいですが、かすかに原料臭はします。

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」の体験レビュー

私が使ってみて感じた使用感はこちら。

のび  ◎
白浮き なし
保湿力 あり

紫外線吸収剤使用のケミカル日焼け止めなので、白浮きはまったくありません。

みずみずしいジェルクリームタイプなので、かなりのびが良いです。

この「すぐ黒くなる」タイプには、コメヌカエキス、カミツレ花エキス、ビタミンC誘導体、ハトムギエキス、ユキノシタエキスなどを配合。

でも、エタノールも入っています。

腕に使うとけっこうすぐにサラッとしますが、カサカサという感じではありません。

顔には使用してないので、目に沁みるかどうかは不明。

でも、40gなので、どちらかというと顔用なのかな~?

コパトーン 日焼け止め
パッケージ裏面。
コパトーン 日焼け止め
柔らかいジェルです。
コパトーン 日焼け止め
軽くのばしたところ。
白浮きはまったくありません。
意外と水ははじきました。でも弱そうかな?

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」の落とし方

ハンドソープ、ボディソープ、洗顔料、純石鹸、どれもスルンと落ちました。

ウォータープルーフタイプですが、落とすのに苦労しないですね。

その分、汗をかきそうなときは向いてないかも・・・。

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」の全成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、DPG、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメチコン、グリセリン、ポリメチルシルセスキオキサン、エタノール、イソステアリン酸、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、セラミドNP、ハトムギ種子エキス、コメヌカエキス、カミツレ花エキス、ユキノシタエキス、アスコルビルグルコシド、水酸化K、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トコフェロール、キサンタンガム、BG、フェノキシエタノール、メチルパラベン

白子
白子

セラミドNPも入っていますね♪

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」のメリット・デメリット

  • のびが良く塗りやすい
  • 落としやすい
  • 白浮きしない
  • プチプラ
  • 乾燥しにくい
  • 紫外線吸収剤に反応する人には不向き
  • エタノール配合

コパトーン日焼け止め「すぐ黒くなるスキンタイプⅢ」はリピするか?

コパトーン 日焼け止め

リピしません。

他にもっと大容量で似たような日焼け止めがあるので。

もし、次買うなら、別の肌タイプの日焼け止めを試してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました