フリープラス「マイルドUVフェース」口コミ|乾燥しない日焼け止め

フリープラス マイルドuv フェース UVカット下地
フリープラス マイルドuv フェース
白子
白子

フリープラス「マイルドUVフェース」を使用しました。乾燥しない顔用日焼け止めとして買いましたが、本当に乾燥せず潤い続きます。

フリープラス「マイルドUVフェース」の特徴

  • SPF22 PA+++
  • 30g
  • 紫外線散乱剤
  • パラベン無添加
  • 無香料
  • アルコール(エチルアルコール)無添加
  • アレルギーテスト済み
  • パッチテスト済み
  • スティンギングテスト済み
  • 化粧下地

そんなに安くはありません。

定価1,100円(税込)!!

夕方までうるおい続く、敏感肌向けスキンケアUV。

素肌感を残しながら、ほんのり色づく補整効果で明るい肌に整えます。

https://www.kanebo-cosmetics.jp/freeplus/products/skincare14/

フリープラス「マイルドUVフェース」のリアル口コミ

私が使ってみて感じた使用感はこちら。

のび   ○
白浮き  若干あり
保湿力  あり

紫外線散乱剤として、酸化亜鉛と酸化チタンが配合されているノンケミカルタイプの日焼け止め兼化粧下地です。

酸化亜鉛が成分2番目に記載されていますが、乾燥しにくい処方になっています。

おかげさまで、冬と春先の敏感な時期にかなり重宝しました。

逆に、暑くなると重い使い心地とテカりが気になると思います。

次にリピートするとしたら、11月ぐらいですね。

イエローベージュと記載がありますが、クリーム色ですね♡

カバー力はほとんどないですが、トーンアップはします。

普通の日焼け止めとしてたっぷり塗ると白浮きしてしまうので、パール粒1つぐらい使うのがおすすめ!

ただ、それだとUVカット効果が頼りなくなるので、別に日焼け止めかUVカットできるパウダーなどを重ねましょう。

フリープラス マイルドuv フェース
うっすらクリーム色です。
フリープラス マイルドuv フェース
軽くのばしたところ。
フリープラス マイルドuv フェース
塗っていないところとの違い、わかりますか?
フリープラス マイルドuv フェース
ウォータープルーフではありません。

フリープラス「マイルドUVフェース」落とし方は?

公式サイトを確認すると、普段使っている洗顔料で落とせると書かれていました。

試しにアミノ酸系の泡洗顔フォームで洗ってみましたが、そこそこは落ちました。

クレンジングする人・純石鹸洗顔だったら、確実に落とせると思います。

白子
白子

アミノ酸系でここまで落とせるのはありがたい!

逆に、汗でも落ちやすいということですが・・・。

フリープラス「マイルドUVフェース」の全成分

フリープラス マイルドuv フェース
フリープラス「マイルドUVフェース」全成分

水、酸化亜鉛、イソノナン酸イソトリデシル、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、BG、グリセリン、酸化チタン、ベヘニルアルコール、ジグリセリン、トリイソステアリン、分岐脂肪酸(C10-40)コレステロールエステルズ、(アクリレーツ/メタクリル酸ポリトリメチルシロキシ)コポリマー、トリエトキシカプリリルシラン、含水シリカ、水添レシチン、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、タルク、ナイアシンアミド、ポリソルベート80、キサンタンガム、EDTA-2Na、パルミチン酸セチル、コレステロール(羊毛)、イソステアリン酸、メチルセリン、スフィンゴモナス培養エキス、スクワラン、スイカズラ花エキス、シソ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、アシタバ葉/茎エキス、カンゾウ葉エキス、モモ種子エキス、ハトムギ種子エキス、フェノキシエタノール、酸化鉄

フリープラス「マイルドUVフェース」のメリット・デメリット

  • 乾燥しない
  • 目に沁みない
  • トーンアップ
  • 夏は少し重い
  • テカりやすい
  • プチプラではない

フリープラス「マイルドUVフェース」はリピするか?

リピするかも!

ただ、冬限定で(笑)

>>> フリープラス「マイルドUVフェース」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました