日焼け止めに記載されているSPFとPAの意味

日焼け止めの豆知識

日焼け止めには、どれにもSPFとPAという記載がありますよね。この記載には何の意味があるのでしょう?

SPFとは?

SPFとは、Sun Protection Factorの略で紫外線B波を防ぐ効果を表したものです。

この数値が大きくなるほど、肌を守る効果が持続する時間が長いと言うことです。

ただ、紫外線を浴びて日焼けするまでの時間は、個々の肌色や肌質に関係します。

平均して15分~20分ほどと言われていますので、例えばSPF20で日焼けまで20分かかる肌タイプの人なら、400分日焼けする時間を延ばせるということです。

PAとは?

PAはProtection Grade of UVAの略で、防御指数ともいいます。

PAは肌の奥深く、真皮まで届く紫外線なので、肌のシワやたるみなどを引き起こす原因となります。

美容のための日焼け止め効果を重視したい人は、このPAに注目すると良いでしょう。

SPF・PAが高ければOK・・・ではない

SPF・PAが高ければ肌を守る効果は高くなりますが、かといって高いものが良いというわけではありません。

肌への負担を考えると少し弱めのものをこまめに塗りなおすか、シーンに合わせて使い分けることがおすすめです。

SPFで言うと、普段の生活で使用するのであればSPF15~20で十分です。

長時間の外出や軽いスポーツでSPF30ほど、炎天下のレジャーやマリンスポーツなど紫外線をたくさん浴びる時はSPF50のものを利用するようにしましょう。

PAは4段階の「+」マークで記載されています。

日常生活で使うには+1から+2、炎天下でのレジャーや長時間の外出、マリンスポーツの時は+3か+4を選びましょう。

2時間から3時間ごとの塗り直しが必須!

SPF数値が高いといっても、日焼け止めには2時間から3時間ごとの塗り直しが推奨されています。

汗・皮脂の分泌で、少しずつ落ちますし、汗をかいて拭いたりすれば時間が経ってなくても落ちます。

紫外線散乱剤は紫外線をはね返すので、落ちてしまうと効果が発揮できません。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーに変換しますが、化学反応で紫外線吸収剤の分子が壊れることがあります。

そのため、こまめな塗り直しが必要です。

そう考えると、炎天下のレジャーやマリンスポーツ以外は、SPF値が20から30ほどの日焼け止めで、塗り直ししやすいものを何度も重ねる方がいいという結論になりますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました