【お湯で落ちる日焼け止め】大人や肌断食中にも使いやすい3選

ノンケミカル日焼け止め

「バッチリメイクした日以外は、クレンジングを使いたくない」

「肌断食中で保湿ワセリンだけだから、なるべく肌を乾かせたくない」

でも、紫外線対策のために日焼け止めは必要だし・・・

なるべく洗顔で肌を乾燥させたくないときにピッタリなのが、お湯で落ちる日焼け止め。

お湯で落とせたら石けん洗顔も短時間で済むので、より乾燥を防げますよね。

実際に使ってみて、本当にお湯で落とせる日焼け止めを3つご紹介します。

スポンサーリンク

本当にお湯で落ちる日焼け止め3選

それでは、さっそくお湯で落ちる日焼け止めをお届けします。

1. NOV(ノブ)UVミルクEX

NOV UVミルクEX
  • SPF32 PA+++
  • 35g
  • 紫外線散乱剤
  • お湯で落とせる
  • 赤ちゃんから使える
  • 無香料
  • 無着色
  • 低刺激性
  • ノンコメドジェニックテスト済み
  • 光アレルギーテスト済み

酸化亜鉛が入っているのが理由かはっきりわかりませんが、冬に使うと少し乾燥を感じます。

つまり、乾燥肌の冬の日焼け止めには不向きですが、テカりやすいインナードライ肌・脂性肌には向いています。

ノンコメドジェニックなのも、忘れていはいけないポイント♪

使用目安量は顔ならパール粒大2つ分ですが、この量を顔に使うとけっこう白浮きしてしまのが欠点かな。

さらにUVカットできるパウダーなどを重ねるときは、使用量を減らして下地として使うのもアリ。

NOV UVミルクEX

本当にお湯でスッキリと落とせるので、お湯で落とせてテカリ防止にもなる日焼け止めが欲しい人におすすめです。


レビューNOV(ノブ)日焼け止め口コミ|お湯で落ちるミルクは落ちる?

2. オルビス「サンスクリーン フリーエンス」

オルビス 日焼け止め フリーエンス
  • 顔・からだ用
  • SPF30 PA+++
  • 50mL
  • 紫外線散乱剤
  • 無香料
  • 無着色
  • 無油分
  • きしみ感フリー
  • 乾燥感フリー
  • アレルギーテスト済
  • 幼児連用テスト実施済
  • 手持ちの洗浄剤・石鹸で落とせます

オルビスの「サンスクリーン フリーエンス」は、お湯で落ちると公式で書かれている日焼け止めではありません。

ただ、無油分なので、見た感じはノブのUVミルクEXと同じぐらい落ちます。

残った日焼け止めが不安な人は、お湯落とししたあと軽く洗顔してくださいね。

オルビス 日焼け止め フリーエンス
水で流しただけでもかなり浮いて落としやすい

オルビスの「サンスクリーン フリーエンス」は、少しベタっとした使い心地なので乾燥はしません。

無油分だけど、かなり保湿力を高めている設計です。

そのため、インナードライ肌や脂性肌の夏の日焼け止めとしては、少し重いかも。

しかし、塗ったあとの肌なじみが良く、うっすらトーンアップするぐらいなので、下地としても使いやすい!


レビューオルビス日焼け止め「サンスクリーン(R)フリーエンス」口コミ 顔用に買ってみた【追記あり】

3. アノネベビー「トータルアウトドアUV」

アノネベビー トータルアウトドアUV
  • SPF20 PA++
  • 50g
  • 紫外線散乱剤
  • お湯で落とせる
  • 赤ちゃんから使える
  • 天然由来成分98%以上
  • 28品目のアレルギー物質が不使用
  • 皮膚科医監修

酸化チタンと酸化亜鉛が配合されていますが、乾燥はしません。逆に、ちょっとオイル感が強い日焼け止め。

虫よけ機能が付いているので、おなじみの虫よけの香りがします。でも、そんなに強くないので顔にも使えます。

が、

お湯で落としたあとに残るオイル感と虫よけの香り。ノブとオルビスに比べると、アノネベビーが一番洗顔したくなりました。

アノネベビー トータルアウトドアUV
お湯でちゃんと落ちるのですが・・・

虫よけができるし商品名の「トータルアウトドアUV」からして夏向きなんでしょうが、ちょっと重めの使用感は冬向き。

つけすぎると白浮きしやすいので、下地に使う量には注意!

赤ちゃんと一緒に使える日焼け止めを探している、乾燥が気になるママにおすすめします。

レビューアノネベビー日焼け止めの口コミ「トータルアウトドアUV」は本当にお湯で落ちる?

お湯で落ちる日焼け止めを使うときの注意点

お湯で落ちる日焼け止めは、クレンジングなしで使えて本当に便利。

でも、お湯で落ちるからこそのデメリットもあるので、使うときは注意が必要です。

  • 汗で落ちるので、水遊び・アウトドアでは使わない
  • 下地に使ってフルメイクしたらクレンジングは必要
  • 小鼻など角栓がある部分はお湯では落ちにくい

汗で落ちるので、水遊び・アウトドアでは使わない

お湯で落ちる日焼け止めを使って濡れてしまったら、白い汗が流れます!

すぐに落ちてしまうので、長時間のアウトドアや猛暑日に使うのは避けましょう。

夏なら、家や屋内で過ごすとき、スーパーやコンビニなどにちょっと出かけるときが適しています。

下地に使ってフルメイクしたらクレンジングは必要

下地にお湯で落ちる日焼け止めを使っていても、その上に使うファンデーションやアイメイクなどが落ちにくいタイプだと、クレンジングは必須!

肌のためにできるだけクレンジングを使いたくないなら、石けん落ちメイクを使ってください。

お湯で落ちるパウダーは使ったことありませんが、エトヴォスなど石けんで落ちるミネラルファンデを利用すると肌負担が減りますよ♪

小鼻など角栓がある部分はお湯では落ちにくい

実際にお湯で落ちる日焼け止めを使って感じたことですが、小鼻やあごの部分で角栓が多い場合は落ちにくいです。

角栓に紫外線散乱剤がからまってしまうんでしょうか?

かなり目立つほど残ってしまうときは、その部分だけ洗顔料を使って洗ってみてくださいね。

お湯で落ちる日焼け止めまとめ

  1. NOV(ノブ)UVミルクEX
  2. オルビス「サンスクリーン フリーエンス」
  3. アノネベビー「トータルアウトドアUV」

クレンジングいらずのお湯で落ちる日焼け止めは、肌を乾燥させたくない人や肌断食中の大人にも嬉しい日焼け止め。

トーンアップしやすいノンケミカルタイプばかりなので、化粧下地としても使えます。

ただ、汗で落ちやすいというデメリットも!

使う季節やシーンを使い分けて、肌への負担を少しでも減らしていきましょう。

関連記事敏感肌におすすめの日焼け止めランキング(紫外線吸収剤不使用)

関連記事【紫外線吸収剤VS紫外線散乱剤】どっちを選ぶべき?違いより使い心地

タイトルとURLをコピーしました